知識

パソコンのHDDがメモリ不足になる不具合に関しての覚書【MT4・自動売買・FX】

今回は自動売買を運用する上で、実際に発生した不具合、またそれらに関して自分なりにした対策を紹介します。

ハードディスク(C)の容量がlogファイルで圧迫される【シンボリックリンク】

これに関しては通常MT4で取引だけしてる方などは、あまり経験がない方が大半だと思います。

MT4のlogフォルダには3種類あります。

  1. MT4へのログイン情報、インジケータの読み込み等に関しての記録
  2. チャートに追加しているインジケータなどの読み込み等の記録
  3. EA(エキスパートアドバイザー)、自動売買などをバックテストした際の取引及び操作記録

以上の3種類になります。

この1と2のlogフォルダ内のファイルについては、1ファイルの容量はかなり少なく気にしなくても大丈夫です。

特に注意しないと行けないのが3のlogフォルダ内のファイルになります。

このファイルについては、自動売買をしている方、自動売買のバックテスト、最適化を頻繁している方に該当します。

もし10年間のバックテストだとすると10年間分の取引情報の記録が残ります。

私自身が経験した中で1ファイル35~45Gになります。

標準設定でMT4をインストールしている場合はハードディスク(C)に指定されていると思いますので、すぐに圧迫され、最悪システムの更新などに支障をきたします。

また圧迫されると、エラーとしてハードディスクの空き容量が少ないです。という通知がなされます。

対策1

対策としては勿論、3つ目のlogフォルダ内のファイルの削除になります。
logファイルは記録ですので、削除しても支障はありません。
各MT4毎にlogはありますので、バックテストで使用しているMT4は確認してみましょう。

対策2

前項の対策1をした後がオススメです。
シンボリックリンクの使用です。

シンボリックリンクとは、あたかもそこに元フォルダがあるかのようにパソコンに認識させます。

通常シンボリックリンクはコンソールでコードを打ち作成します。

今回紹介するのはその手間を排除したものになります。

フリーソフト【Link Shell Extension】を使用します。

公式リンク Link Shell Extension

downloadの項目からPCのビット数に合わせたプログラムを選びインストールします。

使用方法

Link Shell Extensionの使用方法はいたって簡単です。

  1. ハードディスクC→Dに移動したいフォルダ・ファイルの選択、移動
    • まず移動したいフォルダを切り取り、貼り付けでDの任意の場所に移動させます。
  2. Dに移動したフォルダまたはファイルを右クリック【リンク元として選択】をクリック
  3. Cに元々あった場所で右クリック【リンク作成】→【シンボリックリンク】をクリック
  4. Cに元々あった場所にシンボリックリンクが作成され、PCはCにそのフォルダまたはファイルがあるかのように認識します。
    • シンボリックからの編集、元ファイルの編集からでも全てが同期されます。
    • Cに作成したシンボリックリンクに情報を追加された場合は、Dの元データ内に蓄積されます。

応用編

このシンボリックリンクを利用して以下のことができます。

自動売買をのバックテスト・VPSを使用して取引している方で、
尚且つ、MT4を多数起動する方推奨

  1. 固定のMT4でEAダウンロード先フォルダの大元を決める(最新フォルダはここ)
  2. そのフォルダのシンボリックリンクを他MT4の同フォルダがある場所に作成(元々あるフォルダとリンクを入れ替え)
  3. 最新フォルダのみ変更すれば、他MT4内のフォルダにも反映可能

注意ポイント

EA自体のアップデートの際はMT4の再起動が必要となる場合があり、内部のset内容も変更になる場合もあるので注意してください

現在の運用状況はこちらのdiscordから

リアル口座運用状況

こちらから現在のリアル口座で運用しているEAの状況、損益が全て閲覧できます。

discordはこちら

自動売買に適したオススメ海外口座のご紹介

レポマルのメイン口座 Exnessプロ口座(ゼロスプレッド選択)

エクスネス概要

レバレッジ無制限は9万999999~円までで条件をクリアすると変更可能になります。 【レバレッジ無制限条件一覧】
  • 合計5ロット以上の取引と10回以上の取引回数が必要
  • MT4の口座のみ利用可能
  • 口座残高が1,000ドル未満
  • 口座の証拠金維持率は脅威の0%まで保てます
口座資金が20万の場合、全資金分マイナスになるまで強制ロスカットが行われません 他の業者では証拠金維持率20%で強制決済ロスカットされるのが大半です

EXNESS開設へ

レポマルのサブ口座 XM TRADING

XMTRADING概要

  • レバレッジ最大888倍
  • 海外口座特有の※ゼロカット制度採用
  • 口座種類は、マイクロ口座・スタンダード口座、ZERO口座の3種類
  • マイクロ・スタンダード口座については、初心者向け
  • スタンダード口座を利用するのが一番オススメ!スプレッド平均1.7pips(USDJPY)
  • ZERO口座はスプレッドが約0.1pips
  • ZERO口座は手数料が高めの0.01Lot1000通貨で10円の手数料がかかります(実質1.1pips)
  • スタンダード口座・マイクロ口座限定!
  • XMでは取引量に応じてクレジットボーナスXMPあり、またXMPにもランクがあり取引に応じてランクアップしていきます。
  • XMPクレジットボーナスとは、出金はできないが、取引として使うことができるものをいいます。
  • 過去に最大で10万ほどXMP溜まっていたときはボーナスのみで運用していたので痛手は0でした。
  • 下の写真の右下のように出金できるお金にも換えることはできますが換金率は低いのでボーナスとして運用するのがオススメです!

  • XMPクレジットボーナスはスタンダード・マイクロ口座でのみ貯めることができますが
  • 使用に関してはZERO口座でも可能です。
  • またXMPを口座に入金後に元本等を出金する場合、出金額に比例したXMPクレジットボーナスも消失します
  • 資金の移動に関しても出金同様の消失が起こります

ポイント

これは現時点でのレポマルのXMP及びランクです。一番上のELITEです
  • 以上の条件でランクアップまたポイントが溜まります。
  • ※XMPを貯めることができるのはマイクロ・スタンダード口座のみです。
  • 使用に関してはZERO口座でもできます[/aside]

XM TRADING開設へ

GogoJungle【有料EAなどを販売している国内業者】

-知識
-

© 2021 レポマル